北アルプスの眺め

b0112186_1034093.jpg

雪を抱いた北アルプスが本当に美しいです。青空に白く輝く山々を眺めていると、気分がすっきりさわやかになります。
ヨガ教室の先生が、”北アルプスの山は見ているだけで瞑想しているのと同じ効果が得られる”といっていました。確かに気力が満ちて、生き生きとしてくるような気がします。
この地に住んで32年、山を眺めながらのくらしに幸せを感じています。(ふ)
b0112186_10385746.jpg

[PR]
# by azuminoyh | 2008-04-06 10:39 | 安曇野・風景散歩

早春の花


b0112186_10182166.jpg
安曇野に遅い春が来ました。
ゆっくりと、確実に。
庭に出て春を探します。
水仙、ムスカリ、チューリップ。ポピーや矢車草もあちこちに。
b0112186_1085469.jpg

b0112186_1011489.jpg

タチアオイやなでしこなどの宿根草も冬を耐えて、そこにちゃんと生きています。バラも新芽をいっぱいつけて元気いっぱい。
b0112186_10135863.jpg

みんな春を待っていたんだね。
これからぐんぐん大きくなろう。一つ一つの草に水をやりながら、始まりの季節に心をときめかしています。 (ふ)
b0112186_1016616.jpg
b0112186_10165231.jpg

[PR]
# by azuminoyh | 2008-04-05 10:19 | 安曇野・風景散歩

わさびが開花

このところの暖かさでわさびの花が一挙に開花した。
b0112186_23512529.jpg

b0112186_23522310.jpg

b0112186_23525455.jpg

わさびが花をつけると安曇野の春の到来を実感する。この時期の花や葉茎は食べられる。密閉できる容器に入れ、熱湯を注いで一晩漬け翌朝食べるのだが、ふたを開けた瞬間ツンと来る辛味がたまらない。大王わさび農場の売店でも試食できる。
b0112186_094083.jpg

b0112186_010989.jpg

梅も咲いた。安曇野は梅とわさびがさきがけとなって次々と花が咲き始める
[PR]
# by azuminoyh | 2008-03-27 00:12 | 安曇野・風景散歩

好天気に誘われて

朝から心浮き立つような好天にじっとしておれず、かねて懸案の戸隠に出かけた。大町経由で長野市善光寺まで2時間弱。
b0112186_0292258.jpg
小川村からの眺め。左が鹿島槍が岳、右は五竜岳。
善光寺の参道は店が両側に並び門前らしい雰囲気。
b0112186_0354544.jpg

戸隠へはバードラインではなく古道をたどる。
b0112186_038455.jpg
これは3面の馬頭観音像。
b0112186_0422383.jpg
信仰の道なので石仏も多い。
b0112186_0434212.jpg
振り返ると飯縄山がまじかに。前方には戸隠の岩峰が迫る。ご覧のように雪がまだいっぱい残っている。
b0112186_0464819.jpg
b0112186_052098.jpg
戸隠の中心に位置する中社社殿。ここは名高い蕎麦の産地だけに蕎麦屋さんがいっぱいある。中でも中社前の”うずら屋”は評判が高い。
b0112186_0553889.jpg
ゆっくりしていたら北アルプスがシルエットにうかぶような時間になってしまった。
b0112186_0572080.jpg
善光寺に戻る頃には街に明かりがともる時間になっていた
b0112186_059426.jpg

[PR]
# by azuminoyh | 2008-03-26 01:02 | 信州あちこち

春はもうすぐ

この時期になるときまって思い出す詩がある。佐藤春夫の”尋ね人新聞広告文案”と題する一行詩 
  こぞの   いま いずこ (春)
この短文を三行広告の体裁で黒枠で囲ってある。
野を覆い尽くしていた雪が少しずつ解け、日陰にぽつんぽつんと残っていた雪もいつしかなくなってしまう。長く厳しい冬が終わり、ようやく春を迎える喜びは雪国の人しかわからないと思う。春夫は南紀新宮の生まれなのに、さすが詩人の感性というべきか。冬を追いやった春の誇らしい気分が伝わってくる詩である。
b0112186_17264847.jpg


安曇野は雪国といえるほど沢山雪が降る地ではない。でもこの写真にある雪は、2月半ばに降った雪が消え残ったものと聞けば、冷え込みの程が知れると思う。今冬は一月半ば過ぎから雪が20cmほど断続的に降り消えることがなかった。あと一、二度降雪があるとしてもすぐ解け、厳しい冷え込みもない。待ち望む季節はもうまぢか。
[PR]
# by azuminoyh | 2008-03-14 17:39 | 季節の詩

三九郎

お正月過ぎに行われるどんど焼を当地では三九郎と呼んでいます。一年間飾った達磨や、お正月飾りを集め木でやぐらを組んで一緒に焼きます。
b0112186_22255751.jpg

夕方暗くなってから燃やします。子供達が手に持っている木の枝にだんごがつけられています。繭玉と呼ばれ、火にあぶって焼きます。これを食べると風邪を引かないといわれています。
b0112186_22345748.jpg

b0112186_22351986.jpg

b0112186_2235441.jpg

b0112186_2236469.jpg

b0112186_22362881.jpg

[PR]
# by azuminoyh | 2008-01-13 22:37 | 安曇野・風景散歩

厄除け祈願

還暦を迎える今年は厄年にあたるということで、松本市にある放光寺に厄除け祈願に行ってきました。大縁日ということで大変な賑わいです。
b0112186_22151213.jpg

b0112186_2214147.jpg

b0112186_2292737.jpg

b0112186_221015100.jpg

b0112186_22104436.jpg

b0112186_2211812.jpg

放光寺は市街地北部の高台にあり街と、美ヶ原が遠望できます。
[PR]
# by azuminoyh | 2008-01-13 22:16 | 安曇野・風景散歩

白鳥と北アルプス

今日はよく晴れ暖かい日でした。北アルプスが見えていたので早速白鳥の飛来地に行ってきました。
b0112186_21212622.jpg
中央煙突の左が常念岳、右端の台形が有明山です。

b0112186_21233069.jpg
b0112186_21242032.jpg
残念ながら白馬岳方面は雲の中でした。
[PR]
# by azuminoyh | 2008-01-06 21:03 | 安曇野・風景散歩

池田町東山麓歩き

暖かい日差しに誘われて丘陵地を散歩してきました。
b0112186_21281995.jpg
安曇野クラフトパークからの眺め。画面中央右寄りに有明山が見えています。
b0112186_21304048.jpg
中央一番高く見えているのが常念岳です。ご覧の通り安曇野には雪はありません。
b0112186_2134030.jpg
取り残された渋柿が熟して甘くなっていました。
b0112186_2135764.jpg
こんな道が緩やかに登ったり下ったりしています。所々から北アルプスや安曇野の風景が見渡せます。
[PR]
# by azuminoyh | 2008-01-05 21:38 | 安曇野・風景散歩

冬の風物詩・白鳥

今年も犀川の河原に白鳥が来ています。
b0112186_1818221.jpg
b0112186_18184470.jpg

500羽近く飛来してきているのですが、どこかに遊びに行っているようで、少ししかいませんでした。ここは北アルプスが背景となるので絶好の撮影スポットです。
[PR]
# by azuminoyh | 2008-01-04 18:20 | 安曇野・風景散歩