人気ブログランキング |

<   2018年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ヴェローナ野外オペラ祭


b0112186_22302733.jpg
2年前の鮮烈な体験が忘れられずまた来てしまった。前回は様子がわからずチケットを事前に購入したけれど、今回は自由席を現地で買うことにした。自由席といえども席が自由に選べるわけではなく来た順に座る位置が指定される。舞台から遠くはなるけれど正面が一番いい席という事でそこから順繰りにサイドに割り振られていくことになる。21時開演なので20時過ぎにアレーナに行き並んで入ったら舞台横の席になった。
b0112186_22304882.jpg
、セキュリティチェックを受けるための列がまだまだ続いている。ほんの形式的なチェックでやる意味があるのだろうか?

b0112186_20264154.jpg
前回はこの柵の少し下の席だったので見え方はほとんど変わらないと思う。自由席は23Eなので料金の差は50E位(6500円位)ある。ただし自由席は背もたれがなく足元も狭いし,状況により窮屈さを感じる場合もある。やっぱり高いだけのことはある。
b0112186_20270391.jpg
第一夜はアイーダ、満席だった。
b0112186_20272617.jpg
二日目はカルメン、もうじき始まりますよ、の合図はこのどらを叩いて合図する。
b0112186_20274412.jpg
b0112186_20280084.jpg
終幕で闘牛士が入場する場面では花吹雪が打ち上げられる。
b0112186_20281722.jpg
オペラがはねた1時ごろ、ホテルそばのエルベ広場のレストランには大勢のお客が飲み食いしていた。メインストリートには人通りが結構あるので怖い感じは全くない。
b0112186_20285502.jpg
アリーナの横には舞台装置置き場がある。こちらはアイーダ用。
b0112186_20283426.jpg
カルメン用。粗大ごみ捨て場みたい。
b0112186_20291275.jpg
最後の日は大好きなトゥーランドットなので気合を入れて6時半に行く。行列もなくすんなりはいれたしめでたく正面席をゲットできたが開演まで2時間半も待たねばならない。で、ホテルに戻り夕食を取りシャワーを浴びてから席に戻る。たぶん席を離れてはいけないのだろうが。戻ったら座席スペースがずいぶん狭くなっていた。
 
b0112186_20292436.jpg
10時、幕間に見下ろすブラ広場は相変わらず賑やか。
b0112186_20293580.jpg
隣に座っていたアイルランドから来た女性はここの出し物のナンバーワンはトゥーランドット、次にカルメン、3番目はアイーダと言っていた。今回逆の順で見たことになったが全面的にうなづける意見だった。それ程今晩の舞台は素晴らしかった。舞台が大きいのでいっぱい登場人物が出てくる場面が多いほど見ごたえがある。第三幕の”誰も寝てはならぬ”はみんな好きと見えて拍手鳴りやまず、アンコールにこたえて2回歌ってくれた。豪華な舞台、伝統的な衣装、演出で本当に楽しめたなぁ。
b0112186_20295030.jpg
3回目のヴェローナ訪問という事でもう行くところもなくなってしまった。
近くの街に出かけるのもおっくうになってしまったのはやっぱり年のせいもあるみたい。
3度目のヴェローナオペラはあるのだろうか?


by azuminoYH | 2018-07-16 21:35 | 旅行記

南チロル・ドロミティで山歩き

皆さんはチロルはオーストリアの西端、アルプスに続く山岳地帯と思っていませんか?では南チロルは?僕はその言葉すら知りませんでした。南チロルはイタリアなのです。そこはイタリア語表示とドイツ語表示が併記される山岳地帯でした。
b0112186_22471349.jpg
オルティセイという町からロープウエィ(2本乗り継ぎ)で15分上がります。
b0112186_22473910.jpg
雲は多いけど山はばっちり見えています。
b0112186_22475589.jpg
ここの標高は2500m位、日本でもよく見られる高山植物の近縁種がたくさん見られました。
b0112186_22481136.jpg
後ろの針峰はレ・オドウレ、この付け根近くまで歩きます。

b0112186_22482337.jpg
目指す地点がはっきり見えるので不安がなく、やや下り路でとても歩きやすいです。
b0112186_22484526.jpg
b0112186_22492317.jpg
b0112186_22495178.jpg
小屋でコーヒーブレーク、風があって寒く外のテーブルで休んでいられなかった。設備が良い小屋でトイレは水洗!冬はスキー場になるみたい。

b0112186_22500291.jpg
b0112186_22501459.jpg

b0112186_23114334.jpg
b0112186_23122080.jpg
b0112186_23132269.jpg
そもそもここへ来たきのは、針のようにとんがった岩山が連なる写真を見たのがきっかけ。でも山歩きは天候次第なので随分迷った。青空バックだともっと映えるのに。でも贅沢言ってちゃ罰が当たる、見えたのだから。こんな風に随所に案内表示があり迷う心配も少ない。
b0112186_23192695.jpg
ここで食べたボルチーニ茸のスパゲチとワインはおいしかった。
b0112186_23220942.jpg

b0112186_23230598.jpg
b0112186_23240715.jpg
b0112186_23220942.jpg
b0112186_23244689.jpg
下り一方の道なので膝が痛くなる。
しかし絵になる風景だなぁ
b0112186_23264588.jpg
 
b0112186_23272119.jpg
ホテルに戻ると青空が見えていた、ちょっと悔しいなぁ
b0112186_23301545.jpg

翌日はケーブルカーで別の高原へ行く。。
b0112186_23340287.jpg
             
b0112186_23344096.jpg
こんな山の上に美しい教会がたっていた。          

b0112186_23362799.jpg
この高原の山頂にはキリストの像。
b0112186_23381205.jpg
昨日行ったのは近くに見える針峰の右端近く、1日あればあそこまで歩いて行ける。
b0112186_23384806.jpg
b0112186_23394704.jpg
b0112186_23405319.jpg
b0112186_23412459.jpg
今日は午後から雨が降るかもというような天気予報で、早々にふもとに戻る。この地域の山歩きは素晴らしい。高いところまで連れて行ってくれて下るだけ、というのは山を歩く者にとっては堕落といっても過言でないが、らくちんこの上ない。道標も完備しているし適所に小屋もあり食事がとれる。天候さえ恵まれれば快適な山歩きができる。また絶対行きたい。

by azuminoYH | 2018-07-08 00:02

サン・マリノ共和国へ



恒例となった6月のヨーロッパ旅行に今年も行きましたよ!優しい奥さまに感謝です。
世界第五の小国サン・マリノ、面積61k㎡はわが安曇野市の5分の一、東京大田区と同じという。人口は2万7千人。
b0112186_23074648.jpg
イタリア中部にあるリミニからバスで20分位、山が近づいてきました。目的地のティターノ山頂にあるサンマリノ旧市街。もう国境を越えているはずだけどどこだか分らなかった。

b0112186_23135414.jpg
着いたバス停から見下ろす。走ってきた街とは反対側(西方)

b0112186_23162325.jpg
当然のことながら坂ばかり、どんどん上に登る。
b0112186_23183422.jpg
こちらが東方でこっちから来ている。黒いロープが見えるがこれはロープウェイの架線。そう下の街からこれで来ることもできるのです。景色が眺められるのでこちらでとも思ってはいたのですが、バスを降りるのが面倒になりそのまま来てしまった。

b0112186_23242204.jpg
リベルタ広場と政庁舎
b0112186_23272050.jpg
興ざめするほど観光客だらけ、そして観光客目当ての店ばっかり。人が通ってない道もあったんだけどね。

b0112186_23305262.jpg
アドリア海も見えるはずなんだけど時折雨がぱらつくあいにくの天気なので見分けがつかなかった。
b0112186_23330978.jpg
一番高いところにある要塞が見えてきた。

b0112186_23365568.jpg
チェスタの塔
b0112186_23392469.jpg
先ほど歩いた通路のような道が見える。
b0112186_23444722.jpg

リミニの街に戻って街歩き。ティベリウスの橋、なんと2000年前に作られ今も車がバンバン通っている。2車線+歩道もついている。古代ローマの国力、資力にはどこへ行っても驚かされる。

b0112186_23524478.jpg
トレ・マルティーニ広場

b0112186_23544591.jpg
奥に見えているのがアウグストゥスの凱旋門。紀元前49年に建てられ、カエサルがここで演説を行ったとされている。

b0112186_23582704.jpg
ここへ行ったときに泊まったのがボローニャ。いわずと知れたボロネーゼ発祥の地。となれば食べないわけにはいかない。ホテルお勧めのレストランで賞味と相成ったけれど・・・・・・・、うーん。
ともあれ めでたくヨーロッパ23か国目が訪問できた。


by azuminoYH | 2018-07-07 00:20 | 旅行記