カテゴリ:未分類( 1 )

南チロル・ドロミティで山歩き

皆さんはチロルはオーストリアの西端、アルプスに続く山岳地帯と思っていませんか?では南チロルは?僕はその言葉すら知りませんでした。南チロルはイタリアなのです。そこはイタリア語表示とドイツ語表示が併記される山岳地帯でした。
b0112186_22471349.jpg
オルティセイという町からロープウエィ(2本乗り継ぎ)で15分上がります。
b0112186_22473910.jpg
雲は多いけど山はばっちり見えています。
b0112186_22475589.jpg
ここの標高は2500m位、日本でもよく見られる高山植物の近縁種がたくさん見られました。
b0112186_22481136.jpg
後ろの針峰はレ・オドウレ、この付け根近くまで歩きます。

b0112186_22482337.jpg
目指す地点がはっきり見えるので不安がなく、やや下り路でとても歩きやすいです。
b0112186_22484526.jpg
b0112186_22492317.jpg
b0112186_22495178.jpg
小屋でコーヒーブレーク、風があって寒く外のテーブルで休んでいられなかった。設備が良い小屋でトイレは水洗!冬はスキー場になるみたい。

b0112186_22500291.jpg
b0112186_22501459.jpg

b0112186_23114334.jpg
b0112186_23122080.jpg
b0112186_23132269.jpg
そもそもここへ来たきのは、針のようにとんがった岩山が連なる写真を見たのがきっかけ。でも山歩きは天候次第なので随分迷った。青空バックだともっと映えるのに。でも贅沢言ってちゃ罰が当たる、見えたのだから。こんな風に随所に案内表示があり迷う心配も少ない。
b0112186_23192695.jpg
ここで食べたボルチーニ茸のスパゲチとワインはおいしかった。
b0112186_23220942.jpg

b0112186_23230598.jpg
b0112186_23240715.jpg
b0112186_23220942.jpg
b0112186_23244689.jpg
下り一方の道なので膝が痛くなる。
しかし絵になる風景だなぁ
b0112186_23264588.jpg
 
b0112186_23272119.jpg
ホテルに戻ると青空が見えていた、ちょっと悔しいなぁ
b0112186_23301545.jpg

翌日はケーブルカーで別の高原へ行く。。
b0112186_23340287.jpg
             
b0112186_23344096.jpg
こんな山の上に美しい教会がたっていた。          

b0112186_23362799.jpg
この高原の山頂にはキリストの像。
b0112186_23381205.jpg
昨日行ったのは近くに見える針峰の右端近く、1日あればあそこまで歩いて行ける。
b0112186_23384806.jpg
b0112186_23394704.jpg
b0112186_23405319.jpg
b0112186_23412459.jpg
今日は午後から雨が降るかもというような天気予報で、早々にふもとに戻る。この地域の山歩きは素晴らしい。高いところまで連れて行ってくれて下るだけ、というのは山を歩く者にとっては堕落といっても過言でないが、らくちんこの上ない。道標も完備しているし適所に小屋もあり食事がとれる。天候さえ恵まれれば快適な山歩きができる。また絶対行きたい。

[PR]
by azuminoYH | 2018-07-08 00:02