ヴェローナ野外オペラ祭


b0112186_22302733.jpg
2年前の鮮烈な体験が忘れられずまた来てしまった。前回は様子がわからずチケットを事前に購入したけれど、今回は自由席を現地で買うことにした。自由席といえども席が自由に選べるわけではなく来た順に座る位置が指定される。舞台から遠くはなるけれど正面が一番いい席という事でそこから順繰りにサイドに割り振られていくことになる。21時開演なので20時過ぎにアレーナに行き並んで入ったら舞台横の席になった。
b0112186_22304882.jpg
、セキュリティチェックを受けるための列がまだまだ続いている。ほんの形式的なチェックでやる意味があるのだろうか?

b0112186_20264154.jpg
前回はこの柵の少し下の席だったので見え方はほとんど変わらないと思う。自由席は23Eなので料金の差は50E位(6500円位)ある。ただし自由席は背もたれがなく足元も狭いし,状況により窮屈さを感じる場合もある。やっぱり高いだけのことはある。
b0112186_20270391.jpg
第一夜はアイーダ、満席だった。
b0112186_20272617.jpg
二日目はカルメン、もうじき始まりますよ、の合図はこのどらを叩いて合図する。
b0112186_20274412.jpg
b0112186_20280084.jpg
終幕で闘牛士が入場する場面では花吹雪が打ち上げられる。
b0112186_20281722.jpg
オペラがはねた1時ごろ、ホテルそばのエルベ広場のレストランには大勢のお客が飲み食いしていた。メインストリートには人通りが結構あるので怖い感じは全くない。
b0112186_20285502.jpg
アリーナの横には舞台装置置き場がある。こちらはアイーダ用。
b0112186_20283426.jpg
カルメン用。粗大ごみ捨て場みたい。
b0112186_20291275.jpg
最後の日は大好きなトゥーランドットなので気合を入れて6時半に行く。行列もなくすんなりはいれたしめでたく正面席をゲットできたが開演まで2時間半も待たねばならない。で、ホテルに戻り夕食を取りシャワーを浴びてから席に戻る。たぶん席を離れてはいけないのだろうが。戻ったら座席スペースがずいぶん狭くなっていた。
 
b0112186_20292436.jpg
10時、幕間に見下ろすブラ広場は相変わらず賑やか。
b0112186_20293580.jpg
隣に座っていたアイルランドから来た女性はここの出し物のナンバーワンはトゥーランドット、次にカルメン、3番目はアイーダと言っていた。今回逆の順で見たことになったが全面的にうなづける意見だった。それ程今晩の舞台は素晴らしかった。舞台が大きいのでいっぱい登場人物が出てくる場面が多いほど見ごたえがある。第三幕の”誰も寝てはならぬ”はみんな好きと見えて拍手鳴りやまず、アンコールにこたえて2回歌ってくれた。豪華な舞台、伝統的な衣装、演出で本当に楽しめたなぁ。
b0112186_20295030.jpg
3回目のヴェローナ訪問という事でもう行くところもなくなってしまった。
近くの街に出かけるのもおっくうになってしまったのはやっぱり年のせいもあるみたい。
3度目のヴェローナオペラはあるのだろうか?


[PR]
# by azuminoYH | 2018-07-16 21:35 | 旅行記

南チロル・ドロミティで山歩き

皆さんはチロルはオーストリアの西端、アルプスに続く山岳地帯と思っていませんか?では南チロルは?僕はその言葉すら知りませんでした。南チロルはイタリアなのです。そこはイタリア語表示とドイツ語表示が併記される山岳地帯でした。
b0112186_22471349.jpg
オルティセイという町からロープウエィ(2本乗り継ぎ)で15分上がります。
b0112186_22473910.jpg
雲は多いけど山はばっちり見えています。
b0112186_22475589.jpg
ここの標高は2500m位、日本でもよく見られる高山植物の近縁種がたくさん見られました。
b0112186_22481136.jpg
後ろの針峰はレ・オドウレ、この付け根近くまで歩きます。

b0112186_22482337.jpg
目指す地点がはっきり見えるので不安がなく、やや下り路でとても歩きやすいです。
b0112186_22484526.jpg
b0112186_22492317.jpg
b0112186_22495178.jpg
小屋でコーヒーブレーク、風があって寒く外のテーブルで休んでいられなかった。設備が良い小屋でトイレは水洗!冬はスキー場になるみたい。

b0112186_22500291.jpg
b0112186_22501459.jpg

b0112186_23114334.jpg
b0112186_23122080.jpg
b0112186_23132269.jpg
そもそもここへ来たきのは、針のようにとんがった岩山が連なる写真を見たのがきっかけ。でも山歩きは天候次第なので随分迷った。青空バックだともっと映えるのに。でも贅沢言ってちゃ罰が当たる、見えたのだから。こんな風に随所に案内表示があり迷う心配も少ない。
b0112186_23192695.jpg
ここで食べたボルチーニ茸のスパゲチとワインはおいしかった。
b0112186_23220942.jpg

b0112186_23230598.jpg
b0112186_23240715.jpg
b0112186_23220942.jpg
b0112186_23244689.jpg
下り一方の道なので膝が痛くなる。
しかし絵になる風景だなぁ
b0112186_23264588.jpg
 
b0112186_23272119.jpg
ホテルに戻ると青空が見えていた、ちょっと悔しいなぁ
b0112186_23301545.jpg

翌日はケーブルカーで別の高原へ行く。。
b0112186_23340287.jpg
             
b0112186_23344096.jpg
こんな山の上に美しい教会がたっていた。          

b0112186_23362799.jpg
この高原の山頂にはキリストの像。
b0112186_23381205.jpg
昨日行ったのは近くに見える針峰の右端近く、1日あればあそこまで歩いて行ける。
b0112186_23384806.jpg
b0112186_23394704.jpg
b0112186_23405319.jpg
b0112186_23412459.jpg
今日は午後から雨が降るかもというような天気予報で、早々にふもとに戻る。この地域の山歩きは素晴らしい。高いところまで連れて行ってくれて下るだけ、というのは山を歩く者にとっては堕落といっても過言でないが、らくちんこの上ない。道標も完備しているし適所に小屋もあり食事がとれる。天候さえ恵まれれば快適な山歩きができる。また絶対行きたい。

[PR]
# by azuminoYH | 2018-07-08 00:02

サン・マリノ共和国へ



恒例となった6月のヨーロッパ旅行に今年も行きましたよ!優しい奥さまに感謝です。
世界第五の小国サン・マリノ、面積61k㎡はわが安曇野市の5分の一、東京大田区と同じという。人口は2万7千人。
b0112186_23074648.jpg
イタリア中部にあるリミニからバスで20分位、山が近づいてきました。目的地のティターノ山頂にあるサンマリノ旧市街。もう国境を越えているはずだけどどこだか分らなかった。

b0112186_23135414.jpg
着いたバス停から見下ろす。走ってきた街とは反対側(西方)

b0112186_23162325.jpg
当然のことながら坂ばかり、どんどん上に登る。
b0112186_23183422.jpg
こちらが東方でこっちから来ている。黒いロープが見えるがこれはロープウェイの架線。そう下の街からこれで来ることもできるのです。景色が眺められるのでこちらでとも思ってはいたのですが、バスを降りるのが面倒になりそのまま来てしまった。

b0112186_23242204.jpg
リベルタ広場と政庁舎
b0112186_23272050.jpg
興ざめするほど観光客だらけ、そして観光客目当ての店ばっかり。人が通ってない道もあったんだけどね。

b0112186_23305262.jpg
アドリア海も見えるはずなんだけど時折雨がぱらつくあいにくの天気なので見分けがつかなかった。
b0112186_23330978.jpg
一番高いところにある要塞が見えてきた。

b0112186_23365568.jpg
チェスタの塔
b0112186_23392469.jpg
先ほど歩いた通路のような道が見える。
b0112186_23444722.jpg

リミニの街に戻って街歩き。ティベリウスの橋、なんと2000年前に作られ今も車がバンバン通っている。2車線+歩道もついている。古代ローマの国力、資力にはどこへ行っても驚かされる。

b0112186_23524478.jpg
トレ・マルティーニ広場

b0112186_23544591.jpg
奥に見えているのがアウグストゥスの凱旋門。紀元前49年に建てられ、カエサルがここで演説を行ったとされている。

b0112186_23582704.jpg
ここへ行ったときに泊まったのがボローニャ。いわずと知れたボロネーゼ発祥の地。となれば食べないわけにはいかない。ホテルお勧めのレストランで賞味と相成ったけれど・・・・・・・、うーん。
ともあれ めでたくヨーロッパ23か国目が訪問できた。


[PR]
# by azuminoYH | 2018-07-07 00:20 | 旅行記

雪の上高地ツアー

いやー寒かった。ずっと雪の上を歩いたのは初めての出来事でした。
b0112186_23195221.jpg
釜トンネルの出口、細かい雪が降っていました。ここで焼岳が見えるのですが雲の中。
b0112186_23195255.jpg
大正池、穂高ももちろん雲の中。
b0112186_23195160.jpg
寒くて河童橋も渡る気にはなりません。


b0112186_23195192.jpg

b0112186_23195101.jpg
大急ぎで記念撮影。今日は総勢11人でした。すれ違った人一人、ほぼ同時に歩いた人中国の若者4人グループ一組でした。僕が英語で話しかけたら、理解不能だったらしく日本語少しわかるから日本語で話してくれと言われてしまいました。( ;∀;)
b0112186_23195279.jpg
バスターミナルで弁当タイムとなったのですがすごい吹き降りで寒くてたまらず早々に戻りました。風がなきゃそれ程寒くないのですが・・・・・
b0112186_23195260.jpg
坂巻温泉に入ってあったまって帰途につきました。今日は露天風呂に入る気がしなかった。


[PR]
# by azuminoYH | 2018-04-08 23:41 | 安曇野・風景散歩

さくら情報

例年より10日ほど早く桜が満開となりました。早速松本城に写真を撮りにいってきました。
b0112186_22005207.jpg
これはお城の北側から。
b0112186_22005113.jpg
b0112186_22005114.jpg
b0112186_22005138.jpg

うちのサクランボの木も満開です。
b0112186_22005127.jpg
b0112186_22005161.jpg
駐車場にあるレンギョウ。左後ろの白い花はこぶしです。
今度の日曜日は上高地へ行く行事があるのですが、この天気を取っておきたいです。
[PR]
# by azuminoYH | 2018-04-03 22:11 | 安曇野・風景散歩

今日もいい天気

余りに山が美しく見えるので、今日も出かけてしまいました。

b0112186_15245049.jpg

常念岳と横通岳

b0112186_15245099.jpg
燕岳と有明山
b0112186_15245001.jpg
蓮華岳
b0112186_15245086.jpg
北アルプス北部の山、爺が岳、鹿島槍が岳、五竜岳、白馬三山
b0112186_15245136.jpg
サンシュユの花、一番初めに咲く木の花、梅も咲いた
b0112186_15333399.jpg
“わさび田湧水公園”
ここはガラス工房などがある安曇野の里の南側にありあまり知られていない。
b0112186_15330694.jpg

ガラス工房のスタジオでは制作に励むアーティストたちをまじかに見ることができる。
根気よく何度も熱したり形を整えたりする光景は見ていて飽きない。


[PR]
# by azuminoYH | 2018-03-26 15:46 | 安曇野・風景散歩

安曇野にも春が来た

今日はよく晴れてとても暖かいので、安曇野の春を見に出かけてみた。
b0112186_15295102.jpg
b0112186_15214104.jpg
b0112186_15214150.jpg

わさびも梅も満開。
b0112186_15214128.jpg
        
道祖神公園

b0112186_15214072.jpg
ちひろ美術館は今日は長野県民デーで県民は無料で入れる。

b0112186_15214002.jpg

b0112186_15214182.jpg
今回の展示テーマは”あそぶ”
映像の中に入って遊べる作品があり子供が喜んで飛び跳ねていた。
これは楽しそう。(5月7日まで)

b0112186_15214201.jpg
ランチは”カフェ・ド・ラペ”
洋風カレーでちょっと辛めの大人の味。これで700円は安すぎる。
ピザやチーズケーキなどもありすべてお母さんの手作りでおいしいです。


[PR]
# by azuminoYH | 2018-03-25 16:25 | 安曇野・風景散歩

江戸三十三観音めぐり

東京に33観音霊場があると聞き廻ってみることにした。
山手線の内側にある寺が大半で、他は上野地区、品川地区にまとまってあり、世田谷に少し離れてあるといった感じで分布している。区分地図に寺の位置を落とし、効率の良い回り方を考えると総延長は60キロ位であることがわかった。
納経帳を持って行って納経印を貰うのが巡礼らしくてよいのだが、江戸三十三観音はあまり知られていないので回る人もあまり多くない。そのためお寺さんも受け入れ態勢が整っていなそうで、納経印をいただくのに手間取りそうな気がしたので写真で代用することにした。まあ僕の目的も歩くことが主なのでそれで構わない。通常は5時までという時間制限があるのでそれも気にしなくてもいいし。
ということで2月の吉日を選んで(天気がよさそうな日を狙って)出かけた。
1番は浅草寺なのでそこから始めるつもりでいたのだけれど、目白が新宿から近いとの単純な理由で途中下車、逆回りで行くことに。
b0112186_23101564.jpg
目白駅から1キロほどの所にある14番金乗院 小さなお寺さん、完歩を祈願してお祈りした。

b0112186_23174619.jpg
次は護国寺、広大な寺域を持つ大きなお寺だった。

b0112186_23245649.jpg
4番目にお参りした11番圓乗寺には八百屋お七のお墓があった。付け火をしたのだから重罪なのだが、女性で火あぶりの刑に処せられたのは彼女一人だけらしい。情けをかけようとお奉行が15歳なら島流しになる、お前の年齢はと尋ねた時、正直に16歳と答えたため火あぶりになってしまったと聞けば哀れになる。
b0112186_23370316.jpg
東大は構内をお邪魔させてもらった。日曜日だし学生さんより散歩らしき部外者の方が多かったみたい。

b0112186_23405928.jpg
湯島の白梅で有名な天神さんはちょうど梅まつりの最中だった。合格祈願の絵馬が鈴なりなのは東大のすぐそばにあるせいなのか?大賑わいの境内だった。札所の7番心城院は湯島天神のすぐ東にあった。


b0112186_10122767.jpg
夕闇迫る秋葉原ではコスプレでチラシを配るお嬢さんの間をかき分けて進み(というほど立っていなかったけど)、万世橋を渡り岩本町から小伝馬町の3番大観音寺、人形町の5番大安楽寺を経て両国の4番回向院に向かった。着いたのが6時半、もちろん真っ暗で本堂とおぼしきところで手を合わせる。一日中固いコンクリートの道を歩いたので足首が痛む。この先は浅草寺でホテルは通り道にあるので今少し歩かないといけない。蔵前のホテルにようやくたどり着いたら7時半だった。
b0112186_10320789.jpg
二日目 浅草寺に着いたのが9時。ここが第一番の札所になっている。
仲見世もまだほとんどシャッターが下りていたが観光客はそこそこいた。
合羽橋にある2番清水寺を経て上野公園にある6番清水観音堂へ。ここからはJRと地下鉄を乗り継いで早稲田へ移動。15番の放生寺に参った後漱石山房の標柱を見つけわき道に入った。
b0112186_10431380.jpg
b0112186_10441954.jpg
残念ながら休館日で入館はかなわなかったけれど、裏庭には回り込むことができた。文豪にふさわしい広壮な敷地に住んでいたんだなぁと感心していたのだが、ネットで調べてみると当時は340坪の敷地に60坪の家と書いてあった。記念館は漱石公園として整備され拡張されているらしい。記念館は2017年9月オープンと新しい。今度は中に入ってじっくり見学したい。
神楽坂で昼食を取り外堀通りを市ヶ谷へ。以前駅前にあったYHによく泊まりに来たことを思い出した。JYHもここにあったので本部を訪問したことも度々あった。あの頃はスタッフも大勢いて活気があったなぁ、などと年寄くさくいにしえを思い出しつつ歩を進めた。
中央線から眺めるのとは逆の景色で濠もなくなり外堀公園となっていてテニスコートなどがあった。四ツ谷駅の西方にある18番真成院近辺はたくさんのお寺が集まっている。その先は新宿御苑なので四ツ谷と新宿がそれほど離れていないのにびっくり。電車に乗っているとわからないことが結構ある。
b0112186_11382801.jpg
南に下り迎賓館のゲート前を通り赤坂御用地のわきを抜けて神宮外苑(画像は銀杏並木)を抜けて青山へ向かう。
24番梅窓院は超モダンなお寺。この一等地に3000坪の敷地があるらしい。
b0112186_11490442.jpg
参道の横は高層マンション、その1階の一角に本堂らしきものがあった。あまりにしょぼいので??と思ったけれど、受付のお姉さんはそこにお参りするよう教えてくれた。聞き間違えたのだろうか?今でも疑問が残る。

b0112186_13084526.jpg
次は青山霊園の南西、西麻布にある22番長谷寺。10mの高さを持つ観音像は木造では最大級の大きさだそうだ

b0112186_13143025.jpg
六本木ヒルズを過ぎ六本木交差点から外苑東通りへ入ると東京タワーが近づいてきた。28番金地院はタワーの足元にある。観光客でにぎわうタワーのすぐそばでひっそりと佇んでいる。小さくて目立たないので誰も気づかないだろう。
b0112186_13225672.jpg
21番増上寺 徳川家の菩提寺だけあって壮大な建物。
b0112186_13284787.jpg
この地にあった薩摩藩邸で会談が行われたらしい。平和裏に江戸城を明け渡し徳川家が退くことによって、新しい日本の歩みが始まった。田町駅に近い場所。
この辺りから高輪にかけて寺町で驚くほどの数のお寺が集まっている。26番済海寺、25番魚藍寺、27番道往寺と回り、29番高野山東京別院で今日の打ち止めとする。暗くなると閉門されていて門の外で参拝するほかないところもいくつもある。大きな寺だとたいていは入れるけれど、都会にある小さな寺は浮浪者対策もあるのか、ぴったり閉門される。
b0112186_13494722.jpg
6時45分。このお寺も見つけずらかった。暗くなると感が働かなくなるみたい。疲れもあるし。
この後高輪台駅そばで食べた激辛ラーメンのおかげでえらい目にあってしまった。
寝に着いたあと、12時過ぎに体が熱くて目が覚めてしまった。、寝ぼけて空調のせいかと思ったが、先ほどのラーメンに思い至りさてどうしようかと・・・・・。胃を落ち着かせるため水分を取ろうと自販機へ。暖かいミルク入り紅茶を2本のみようやく体の熱も落ち着いてきたようなので眠ることができた。まったく一時はどうなることかと不安になってしまった。若い時なら平気であったことも老人にはきついことになることもあるとの教訓ですね。
b0112186_14054324.jpg
3日目は品川の南、北馬場駅から歩き始める。30番一心寺。
このお寺は旧東海道に面していて少しの間旧街道を歩く。
b0112186_14141052.jpg
b0112186_14144663.jpg
もちろん旧街道の風情など望むべくもないが、標柱などで表示はしばしば見かけられた。
31番品川寺(ほんせんじと読む)、次の番外海雲寺まで来て東海道と別れ北上する。

b0112186_14290348.jpg
b0112186_14375671.jpg
この先約5キロ、大井町駅から品川区役所、平和坂、戸越銀座、桐ケ谷通りと最短コースを選び
33番目黒不動尊 瀧泉寺へ。
b0112186_14394185.jpg
日本三大不動の一つとされるだけあって大きなお寺でひと山寺域となっているみたい。
次の32番観音寺への道は静かな住宅地を歩く。下目黒から清水商店街、五本木を経て下馬へ。昔ヘルパーをしてくれたM君がここ下馬にうちがあるはずなので表札をチェックしながら歩いたけど見つかるわけないね。番地を控えるのを忘れたんだから。
世田谷観音との次は7キロと最長区間を移動することになる。ルートをチェックしようとしてえらいことに
気が付いた。地図がない!どうやら下調べをしたときにコース変更したのでそれを忘れてしまったらしい。
あわててタブレットで調べた結果、三軒茶屋~下北沢~笹塚と歩き継げばよいことが判明した。
三軒茶屋駅前のマックで遅い昼食を取り、三茶銀座を下北沢へ。足取りも軽くと言いたいところだが足取り重い。
下北まで来たのはよいがそこから先少し混乱してしまった。タブレットの助けを借り適当に進む。
笹塚からは地図があるので間違いがない。17番宝福寺を経て打ち終わりの19番東圓寺に着いたのが5時。

b0112186_15282000.jpg
ここからはバスで新宿に出た。中野富士見町駅に向かって歩いていたら新宿行のバスが通りかかったので。
めちゃくちゃ足(とくに足首)が痛むけどこれからホテル探しをするのも面倒になりこのまま穂高に帰ってしまうことにした。
一日20キロ位ずつ歩いたことになったけれど、足がことのほか痛んだのは、杖を忘れたことが第一、舗装路ばかりなので足にはつらかっただろう。
思っていた以上に坂道が多かった。”谷”や”坂”がつく地名が多いことから知ってはいたが思った以上だった。急坂もあり雪が降ったら車は絶対登れんだろう、というほどの所も。お寺も多く、散在もするが小さなお寺が集められ寺町を形成しているのは政策的なものがあったんだろうと推測される。まとまった緑地もたくさんあり,さっばつとした都会という印象はない。ビル街を歩いたり盛り場を歩いたり大井町から先は住宅街を歩いたりと街歩きが好きな自分としては楽しい3日間だった。今度は趣向を変えて東京の街を歩いてみたい。
b0112186_16064247.jpg






[PR]
# by azuminoYH | 2018-03-05 16:15 | 旅行記

紅葉

安曇野は紅葉の盛りを迎えています。
3日ほど前から好天で、しばらく続きそうです。
今日から”安曇野スタイル”が始まりました。
秋色に染まった森の中に点在する工房が開放され自由に見学することができます。
工房・ギャラリー・ショップは80軒以上あります。
なかなか出会えぬお気に入りの一品を探しに出かけてください。
b0112186_20322176.jpg
b0112186_20322001.jpg
b0112186_20322067.jpg
b0112186_20322176.jpg

[PR]
# by azuminoYH | 2017-11-02 20:35 | 安曇野情報

YHの庭に春が来た

様々な種類の水仙が庭のあちこちに咲いています。気まぐれに球根を植え増やしていったのです。一つの球根が何年か経つと家族を増やし大きな塊になります。その球根の一部をまた違う場所に植えるとそこでまた家族を作る。そんな風にして作っていった庭です。
b0112186_20312751.jpg
正面入り口に立つこぶしの木。この木は一度枯れたのですが、残った根から再び幹を伸ばし育ちました。
b0112186_20312622.jpg
ピンクの花をつけるこれもこぶしです。
b0112186_20312612.jpg

b0112186_20312626.jpg
桜も満開
b0112186_20312696.jpg
あんずです。つぼみの時はピンクですが花が開くとほとんど白に見えますね。
b0112186_20312606.jpg
YHの敷地はもとは畑でした。庭にある木はすべて私たちが幼樹を買ってきて植えたものです。(山で掘り取ってきたものもあります)30年近くも経過すれば大きくなるものですね。
b0112186_20312595.jpg


[PR]
# by azuminoYH | 2017-04-19 21:12 | 私の庭