<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

知多四国めぐり 2

b0112186_21241646.jpg

部屋の窓から渥美半島から上る日の出を眺める。今日も好天。
b0112186_21261813.jpg

篠島内には札所が3つある。こちらは第39番医徳院。
b0112186_2132272.jpg

篠島港を見下ろす。保育園に子供を送ってきた若奥さんに港までの道を尋ねたらそのまま送ってくれた。歩いていたらフェリーに間に合わなかったので助かった。でもチョンボだね。
b0112186_2133730.jpg

フェリーで師崎に戻り海岸端の道路を北上する。車がびゅんびゅん走るので怖かったがこの道を歩くしかなかった。写真は番外浄土寺(別名龍亀霊場)の龍亀大神
b0112186_21384079.jpg

まるは食堂。ここの巨大エビフライはつとに有名。ランチには早すぎて素通りするしかなかった。ドライブがてら何度か食べに来たことがある。
b0112186_21414779.jpg

高浜漁港近くでは干物が作られていた。
b0112186_21432263.jpg

第40番影向寺 安産・徐病に霊験があるとのこと
b0112186_21482169.jpg

山海海岸、ここの道の駅でランチが食べられた。ここから山に入ったところに札所がある。
b0112186_21524071.jpg

第43番岩屋寺 大きなお寺
b0112186_2154425.jpg

番外岩屋山奥の院 ここから来た道を戻り海沿いに歩く。今日の泊りは内海のとっつきに位置するホテル。歩行距離16㌔
b0112186_21582587.jpg

伊勢湾に沈む夕日を眺めつつ温泉に浸かる。少し疲れがあるものの体調はとてもよく、歩くことはとても良いことだと実感した。
b0112186_2233465.jpg

第47番持宝院
b0112186_22104397.jpg

樹齢400年の巨木の根元に出現した子安観音。第48番良参寺の境内にある。
b0112186_22132617.jpg

b0112186_22161676.jpg

第51番野間大坊 有名なだけにたくさんの人がお参りに来ていた。
b0112186_22191856.jpg

第57番報恩寺 今日はここまで16㌔歩いた。
b0112186_22534682.jpg

八日目 第58番来応寺にあるぽっくり地蔵。ぴんぴんころりとなるようお願いしてきた。
b0112186_2257367.jpg

キャベツ畑。暖冬のため安値となっているなどとTVで言っていたなぁ。
b0112186_22595062.jpg

第60番安楽寺
b0112186_2343782.jpg

INAXライブミュージアム。ここのおしゃれなレストランでランチといきたかったが、満席で果たせなかった。工場跡地を利用したおしゃれな施設がいくつもたっている。
b0112186_2385541.jpg

伊奈さんち(たぶんINAXの社長宅)大昔ここの娘に旅情庵で何度もあっている。そのとき私のうちには家族それぞれ専用のトイレがあるといっていた。「伊奈」と書かれた表札を見て突然思い出してしまった。年寄りは昔のことはよく覚えているものだ。
b0112186_2313655.jpg
b0112186_23132591.jpg
b0112186_23135293.jpg

b0112186_2316522.jpg

b0112186_2317734.jpg

常滑は焼き物の街。土管坂などがあって散歩がおもしろそうな街だ。ゆっくり歩きたかったがお寺に行かなくてはならないのでまたの機会に(あるのかな)。観光客がぞろぞろ歩いている。有名なんだなぁと再認識。
b0112186_23202622.jpg

第67番三光院 時間ぎりぎりに飛び込んだお寺。5時までしかハンコを押してもらえないのでいそいだ。
b0112186_23252266.jpg

夕食はセントレアの手前にあるイオンモールへ。巨大ショッピングセンターで土曜日の夜のせいか人出がすごかった。常滑の人はすべてここにきているのではないかと思うくらい。しばらく待ってようやく夕ご飯にありついた。昨年行ったコペンハーゲンの巨大ショッピングセンターを思い出してしまった。あそこはここよりも凄かったかも。
b0112186_23294471.jpg
b0112186_2330965.jpg

9日目 伊勢湾を隔てて鈴鹿の山並みを見る。意外と近くに見えるのでちょっとびっくり。
b0112186_2332156.jpg

第71番大智院 眼鏡をかけた弘法様が祀られている。ここでガイドブックを置き忘れた。電話したら次の寺まで届けてくれた。6キロも離れていて戻ることもできなかったので送ってくれるよう頼んだけれど、これもご縁ですからとのことで届けてくださった。感謝!
b0112186_23432623.jpg

正門へのアプローチが立派な第72番慈雲寺
b0112186_23453333.jpg

上のお寺がある岡田地区には風情のある家並が残っていた。知多もめんの産地として栄えた歴史があるらしい。銀行の支店が2つもあったという。いまはないけれど。
b0112186_23503555.jpg

ここのおかき茶屋の食堂(おかき工場が経営)でかつ丼を食べる。メニューに二つ玉とあったが運ばれてきてびっくり、目玉焼きが二つのっかっていた。残念ながらやっぱり卵とじの方が美味しいと思う。
b0112186_004655.jpg

第75番誕生堂
b0112186_042512.jpg

番外妙楽寺にある知多霊場を発願した阿闍梨の像
b0112186_0112338.jpg

第80番栖光院にある樹齢800年のクスノキ。3,4月ごろ葉が落ちそのあと新芽が出るという。
今日は20㌔歩いた。明日は最終日。終わりが近づきなんだか寂しくなってきた。
b0112186_0235171.jpg

b0112186_0241076.jpg

第83番弥勒寺の山門 四天王がお出迎え。
b0112186_031435.jpg
86番観音寺の近くにある聚楽園の大仏様に寄り道する。電車の窓から見える大仏様を二人とも覚えていて、ぜひ近くで見ようと意見が一致した。公園の中の小高い山の上にあるので電車から見えることが分かった。
b0112186_0395673.jpg

聚楽園の駅から見るとこんな感じで見える。
b0112186_041151.jpg

第5番地蔵寺、あと2つ
b0112186_0453751.jpg

第87番長寿寺 2時半ゴール。達成感はあったが終わって寂しいという気持ちになったのはどうしてだろう。二人とも同じように感じていた。最終日は16㌔。
b0112186_0554163.jpg

b0112186_056269.jpg

別の日に87番から八事の興正寺まで歩く。興正寺は尾張高野と呼ばれ知多四国霊場の結願寺となっている。だからここへ最後にお参りしないといけないわけだ。15キロあるらしいが2時間半ほどで歩いてしまった。一人で荷物もなかったから早かったのか、距離が間違っているのかどっちだろう?
b0112186_141288.jpg

地下鉄で一駅の杁中まで歩き、南山教会ものぞいてみた。一年だけ通った南山高校の横にある思い出の教会。50年ぶりの再訪だった。丘の上にあったことも、教会内が意外とせまかったこともすっかり忘れてしまっていた。
[PR]
by azuminoYH | 2016-02-25 01:14 | 旅行記

知多四国八十八か所めぐり 1


b0112186_20505577.jpg

1月に知多半島に散らばるお寺をめぐって歩いて巡拝した。歩いて回るのが主目的で参拝は従というはなはだ不謹慎な巡礼ではあるがまさか罰は当たるまい。全200キロの行程を8日間かけて回った。
b0112186_18413080.jpg

まずは第1番曹源寺。名鉄前後駅から10分ほどのところにある。こちらで納経帖を購入する。お参りしたしるしに判を押してもらうのです。
b0112186_1842838.jpg

第6番常福寺。どこのお寺にものぼり旗がたっているので目星になる。
b0112186_18423175.jpg

第7番極楽寺の前にあった石碑。

ミカンの木を見ると南国を実感する。
b0112186_16542655.jpg

第9番明徳寺 今日はここまで。8時間、17㌔くらい歩いた。初日としては順調と思ったのだが、ホテルに向かう電車の中で右ひざがいたくなり歩けなくなってしまった。足を引きずってホテルへ。一日で棒折るなんて情けなすぎ。暗雲が立ち込め始める・・・・・・・
b0112186_172336.jpg

第10番観音寺。膝の痛みはあるがおそるおそる歩く。
b0112186_17562426.jpg

第12番福住寺の千体地蔵。
b0112186_17582611.jpg

b0112186_1811628.jpg

第16番平泉寺 2日目も約8時間15㌔歩いた。膝が痛かったのによく歩けたものだ。半田の駅そばに泊まり食事を食べに行った帰りに店を見つけ杖を買う。
b0112186_1883918.jpg

半田の中心地には盛田家創業の酢や酒の醸造所が集結している。
b0112186_18183827.jpg

運河の街として売り出しているが短い運河だった。
b0112186_18214248.jpg

第54番海潮院 海辺の高台にあるのでその名のとおり波の音が聞こえてきそう。
第3日は8㌔歩いて名古屋に戻る。
b0112186_18361535.jpg

第26番常楽寺から巡礼再開。休んだおかげで膝の痛みもなくなる。用心のため杖を使って歩く。
b0112186_18445181.jpg

武豊の南部、しょうゆ醸造所が軒を連ねる一角があった。黒い外壁は永年の醸造で色が変わるらしい。
b0112186_18535161.jpg

レストランが見つからず、ようやくコンビニを見つけ遅いランチ。
b0112186_18551144.jpg

番外葦航寺 知多四国八十八か所巡りを開山した行者を祀る。
b0112186_19555114.jpg

番外 影現寺 ここも海が眼の前に広がる。今日も16㌔くらい歩いた。泊まりは河和の旅館。河和は子供のころ毎年海水浴に来ていたところだが、工場ができたため今は泳げなくなってしまったと宿のおかみさんが嘆いていた。
b0112186_19593591.jpg

旅館の前の浜に出て日の出を眺める。今日も良い天気。ここからしばらくは海を離れ半島の中央部を歩く。
b0112186_2061243.jpg

第34番 性慶院 
b0112186_20142151.jpg

b0112186_2020958.jpg

上陸大師像 弘法様は41歳の時にここから知多に上陸したといわれている。
b0112186_2022069.jpg

師崎まで行き船で日間賀島へ渡る。
b0112186_20232722.jpg

b0112186_20234536.jpg

第37番 大光院 
もう一度船に乗り篠島へ行く。今日は篠島の旅館に泊まる。歩行距離は18㌔、登りもあったが杖のおかげか歩きなれてきたせいかとっても快調。
b0112186_20303195.jpg

夕食は食べきれないほどのごちそうでふうふう言いながら平らげる。魚が新鮮なのでとてもおいしい。でも年寄りにはもう少し量を少なくしてほしかった。
[PR]
by azuminoYH | 2016-02-24 21:02 | 旅行記