<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

エストニアとラトビアに行ってきた つづき

b0112186_1635445.jpg

リーガへのバスは設備が整い、シートにTVまでついていた。所要4時間のはずが、道路工事のため遅れ5時間もかかってしまった。
b0112186_1638259.jpg
バスターミナルのそばにはヨーロッパ一の規模を誇る中央市場の建物がならぶ。
b0112186_16401053.jpg
b0112186_16402349.jpg
b0112186_16403825.jpg
屋外にも花屋や八百屋などがいっぱいあった。
b0112186_16445548.jpg

b0112186_16451997.jpg

旧市街の中心に立つ聖ペテロ教会の塔に上がり街を見下ろす。
b0112186_1647423.jpg

ブレーメンの音楽隊はここにも来た??? そうではなく姉妹都市なので贈られたものという。本家とそっくり。
b0112186_16493318.jpg
b0112186_1650417.jpg
城壁も少し残っている。
b0112186_16503934.jpg
火薬塔 これも城壁の一部だったらしい。
b0112186_16512624.jpg
リーヴ広場
b0112186_1652835.jpg
壮麗なブラックヘッドの会館、近年再建されたもの。
b0112186_16554582.jpg
市庁舎前広場でのパフォーマンス。
b0112186_1653167.jpg
聖ペテロ教会
b0112186_2161955.jpg
直立不動の衛兵が守る自由記念碑。
b0112186_2175031.jpg


b0112186_16552599.jpg

今回こちらに来たのはプッチーニ フェスティバルが開かれていたため。どこかに行きたいな、とよこしまな考えを起こし、いろいろ検索していた時に引っかかってきたのだ。大好きなプツチーニが毎日観れるとなれば来るしかなかった。
b0112186_1723360.jpg

b0112186_1725264.jpg

b0112186_1732974.jpg

ボエームのカーテンコール。
b0112186_1744770.jpg

うれしいことに蝶々夫人は日本人の大村博美さんが演じた。この演目だけはしっかりと見たいと思い、ど真ん中最前列のチケットを取っておいた。
b0112186_20395355.jpg

リーガはユーゲントシュティール(アールヌーボー)建築がたくさんある。ビルの外壁面が華麗に装飾された建物を見て回った。
b0112186_20461324.jpg
b0112186_20434644.jpg
b0112186_20454045.jpg
b0112186_20462991.jpg
b0112186_20464651.jpg
b0112186_20493935.jpg

郊外にある野外博物館にも行ってみた。各地から集めた古民家や教会、風車などが森の中に点在していた。
b0112186_2053974.jpg
b0112186_20532437.jpg

素朴な教会とその内部
b0112186_20541929.jpg
b0112186_20543664.jpg

こちらは丘の上に立つ大きな風車で上まで上がれた。
b0112186_20554180.jpg
b0112186_20555515.jpg
b0112186_20561533.jpg

大きな教会で天井に絵が描かれている。添乗員が団体客に説明中。
b0112186_21104292.jpg

この国は琥珀の産地。
b0112186_2112197.jpg

綿菓子を売る屋台。日本と違ってすごくきれいなおねーさんが売っていた。
b0112186_21142438.jpg
ドーナツ屋さん。土曜日なので市が出ていた。
b0112186_2116146.jpg
フィッシュアンドチップスのランチ。この一皿とビールで十分腹が膨れる。5E(700円)は何かの間違いか?
b0112186_21205361.jpg

”パーティ バイク” ビール片手に自転車をこぎつつ街を走る。大声を出し気勢を上げて通って行ったけれど、酔いが回るのが早いだろうな。真ん中でお姉さんがビールをついでくれる。1時間25E(3500円)、もちろん飲み放題でしょう。
b0112186_2128445.jpg

帰る日に見つけたこのお店、入ってみたかった。
b0112186_21285531.jpg

スーパードライは訳すと極度乾燥なのか。なるほど
b0112186_21304114.jpg
リーガのホテルはシングルルーム 広くはないけどこれで十分。(1泊5500円、朝食付き)
b0112186_21331774.jpg

毎日内容が変わり野菜もあったのでうれしかった。
b0112186_2135554.jpg

最終日オペラの終演が遅かったので夜景らしきものがようやく見えた。11時です。
b0112186_21374924.jpg

リーガの空港にあった日本食のレストラン。誰が名づけたのだろう?
[PR]
by azuminoYH | 2015-07-03 21:57 | 旅行記

エストニアとラトビアに行ってきた

初めての海外一人旅はバルト2国。世界遺産の2つの都市を訪ねた。
名古屋からフィンエアーに乗ったが、どうもここは相性が良くないのかトラブルが起きる。前回は出発が6時間遅れ深夜着になった。(空港の積雪のためなので航空会社の責任ではないが)今回も出発が遅れヘルシンキ乗継で走らされた。ボーディングタイムまで20分の猶予しかなく、小さいといっても国際空港だからそれなりの広さもあり入国審査もあるので時間がかかる。
飛行機はプロペラ機なので軽やかに飛び立ち、文字通りひとっとびで目的地タリンに着いた。さて・・・
b0112186_22234356.jpg
ヘルシンキの東側を飛んでゆくらしい。残念ながら天気が良くない。
b0112186_2227878.jpg
プロペラのすぐ横なので、外れて飛んでこないかとすごく気になる。30分少々で着陸。
やっと着いたとホッとしたのもつかの間、荷物が出てこない・・・・・・・・・・・・。ついにやられたロストバゲージ。19回目の旅行でついに遭遇。とぼとぼと窓口に行き、うなだれて待つ老人に声をかけてきたのは、妙齢の美人、「日本の方ですか?」「そうですよ」「英語話せますか?」「もちろん話せません」「それならお手伝いしましょう」 地獄に仏、いやここは西洋だから天使が降臨してきたかと思った。やっぱり普段の行いを神様はちゃんと見ているのだ。聞けば京都大学で4年間勉強したとのこと。エストニアに日本語を話す人がそれほどいるとは思えない。そんなまれな人にこんな時に助けてもらえるとは。おまけにホテルまで車で送ってくれたので、苦労知らずで着いてしまった。ついているのかいないのか?長い第一日はこうして終わった。(荷物は翌日ホテルに届けられた。)
b0112186_22511750.jpg

一人で使うにはもったいないほど広い部屋、大きなベッド。1泊7000円(朝食付き)
b0112186_23525341.jpg

おいしかったけれど野菜をもっと食べたかった。
b0112186_23564583.jpg

旧市街の入り口にある”ヴィル門”
b0112186_23591386.jpg

街の中心”ラエコヤ広場”、旧市庁舎がそびえたつ。
b0112186_06379.jpg

旧市街は起伏があり山の手にある展望台からは下町が美しく眺められる。
b0112186_0111582.jpg

議会のすぐ前に立ち、にらみを利かすロシア正教の寺院。
b0112186_0132934.jpg

キーク・イン・デ・キョクとネイツルトン
b0112186_0175066.jpg

b0112186_0182728.jpg

寸断されているけれど城壁が残っている。旧市街には緑はほとんどないが、城壁の外側は公園となっていて、緑に囲まれた街となっている。
b0112186_023945.jpg

b0112186_0235297.jpg

城壁の上はこんな感じ。
b0112186_0261411.jpg

b0112186_0283752.jpg

b0112186_029720.jpg

ポーズをとってくれたおねーさんたち。なに屋さんだろう?
b0112186_0305342.jpg

砂糖菓子”マジパン”
b0112186_0375516.jpg

エストニアは把瑠都の故国。このビールの名は”YORIKIRI"
b0112186_0392548.jpg

通りをゆく人を眺めながら、ゆっくりランチを食べる。
b0112186_0413496.jpg

旧市街で最も美しい通りという”カタリーナ”の小路
b0112186_0442843.jpg

b0112186_0473955.jpg

毎晩のように教会で開かれるコンサートもある。無料(教会に入るのに1E)
b0112186_0495228.jpg

郊外にある広い公園の中にある”カドリオルク美術館”
b0112186_0513012.jpg

公園内には日本庭園もあった。
b0112186_0523089.jpg

ホテルの窓から夜の11時に写す。夜景は見ることができなかった。 
タリンはこれで終わり。つづく
[PR]
by azuminoYH | 2015-07-03 01:06 | 旅行記