<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ドイツ 2

b0112186_1665248.jpg
ハイデルベルクで素晴らしいカルメンを観た。
奔放に生きる魔性の女カルメン。演じるはMartinezという歌手で、南米チリの出身という。カルメンはジプシーなので欧米人とは顔立ちが違うイメージがある。彼女は肌も少し浅黒く全く違和感がない。(もちろんメーキャップのせいかもしれないが)声にも凄みがある。つまりなにから何までまさにカルメン。こんな女なら身を滅ぼすほど惚れても仕方がない、と思わせる容姿と演技、歌唱だった。
b0112186_1623784.jpg
b0112186_16232236.jpg

こつこつと靴音を響かせて登場した指揮者を見て驚いた。なんと若い女性の指揮者だった。元気いっぱい腕を振り回し、きびきびと音楽を運んでゆく。かっこいい指揮振りを横目で見ながら舞台を見た。
b0112186_1638019.jpg

Mirga Grazinyte-Tylaという名のエストニア出身の26歳!
b0112186_16403541.jpg

座席が最前列右端で舞台も指揮姿もどちらも良く見える席だったのです。この劇場は仮設の劇場で簡易椅子、場面転換もなく舞台装置も変わらないという、旅の公演さながらの舞台だった。でもオケピットとの間のベニヤ板に足を当てていると楽器の音圧で震えが伝わってくるなどと、思いがけない楽しみもあり、2度とできないオペラ体験ができた。
b0112186_1736365.jpg
ちょっとぼけているが天井を写したもの。いわゆるテント公演というやつですね。それにしてもこんな小さな都市でもオペラ公演が月に数回もあるというのは全くもってうらやましい。だからこんな若い指揮者にも機会が与えられ場数を踏んでゆけるのだろう。彼女はつい最近ザルツブルグの指揮者コンクールでも優勝しており、その自信も感じさせるような指揮ぶりだった。このホールでは既に何度も振っている様で、最後の暖かい拍手がそれをものがたっていた。
b0112186_17463849.jpg
b0112186_1751335.jpg
ハイデルベルクは緑に囲まれた美しく活気のある街だった。
舞台写真は劇場のページから、指揮者の写真は本人のページから転載しました。
[PR]
by azuminoYH | 2012-06-19 16:50 | 旅行記

ドイツへ

b0112186_162211.jpg

あまりの円高にじっとして居れず、ドイツに行ってきた。羽田発深夜1時のフランクフルト行きに乗り、朝6時についてホテルに荷物を預け、ライン川を下り、電車で戻ってホテルに泊まるという、まるで格安ツアーのような強行日程を組んだ。夜中に飛ぶんだから眠れるだろうという読みだったのだが正解だった。
b0112186_1174245.jpg

新しいボーイング787を使った全日空機はシートが少し広く、快適だった。
そこそこ眠れたので眠気もなく、川風に吹かれながらクルーズを楽しんだ。
b0112186_120457.jpg

この船は日本人ツアー客の専用船?と錯覚しそうな日本人ばかり乗っているクルーズ船。途中からチェコからの団体が乗り込みワインを飲んで大騒ぎしていた。どこの国の団体も騒がしさは同じか。曇り空だが雨は降らなかった。
b0112186_1252660.jpg

b0112186_1284163.jpg

b0112186_14242487.jpg
次々と古城が現れる。急斜面には段々のブドウ畑。
b0112186_1261191.jpg

やっぱり先頭の方が景色が良いが先に乗り込んだ人に占領された。
3時間ほど乗って下船、このあたりで唯一破壊を免れた城に向かう。
b0112186_14245779.jpg
b0112186_1331926.jpg
山道を20分ほど登った高台にあるのでライン川が良く見える。
b0112186_145672.jpg

電車で戻り、ホテル近くの、レストランやみやげ物店が並ぶ"つぐみ横丁"と呼ばれる通りにあるワインレストランでディナータイム。
b0112186_137851.jpg
b0112186_1374433.jpg
b0112186_1381678.jpg

ドイツといえばもちろんソーセージとザワークラウト、旬のホワイトアスパラガス、そして白ワインとビール、長い長い一日だった。
[PR]
by azuminoYH | 2012-06-19 01:46 | 旅行記