カテゴリ:安曇野パストラルYH関連( 27 )

誰もいない上高地

看板に偽りなし、本当に誰もいなかった。何しろ雨が降っていたのだから。こんな日に好き好んで、歩いてくるような酔狂なやつはめったにいない。でも雨といっても、静かに降る雨で、寒風に吹き去らされて震えるよりいいかも。
b0112186_0293924.jpg
釜トンネルを抜けたところ。トンネル内の急坂は歩き初めなのできつい。風も結構冷たかった。
b0112186_0314236.jpg
大正池からの焼岳、殆ど雲の中。
b0112186_032431.jpg

穂高岳ももちろん雲の中。今回はここまで戻る。
b0112186_0342742.jpg
帰りはくだりなのでとっとと歩ける。釜トンネルの出口でこれから向かうグループとすれ違い、エールを送る。
b0112186_0361375.jpg
沢渡の足湯に浸かりながら昼食タイム。これはめちゃめちゃ気持ちが良かった。風もなく足元ぽかぽか。ここの足湯は巾も広く湯温も高く全身も浸かれそう。(上流部は熱くて足を入れられない)この後沢渡温泉に入って島々へ戻る。
[PR]
by azuminoyh | 2008-11-19 00:43 | 安曇野パストラルYH関連

さくらんぼ まだ無事

鳥の襲来はまだありません。明日から天候が良くなさそうなので、土曜日まで持ちそうです。宿泊の方は摘み取りフリーですので暇な人はお出かけください。
b0112186_23531389.jpg

[PR]
by azuminoyh | 2008-05-28 23:54 | 安曇野パストラルYH関連

さくらんぼが実った!

b0112186_23514260.jpg
庭仕事をしていた妻が興奮して飛んできた。「さくらんぼがいっぱい実ってる!」急いでいってみると、なるほど鈴なりの赤い実が満艦飾だ。十年位前、植木市に出かけたら記念品ですどうぞ、と手渡され貰ってきた木を植えておいたのだ。鉛筆ぐらいの細さで、1mにも満たなかったその木が、いまや3mをこえるまでになり、3年前から実をつけるようになった。
b0112186_00488.jpg
何の手入れもせず、肥料もやらず、ほったらかしにしているので、実は小さく直径1cm位。日あたりのいいところの実は赤く色づき今が食べごろ。脚立を持ってきて枝からもぐ。赤い実はとても甘いが、ピンク色したものは酸っぱい。色づきの良いものをセレクトしつつ、手を伸ばし採れるだけとった。あせってとるのには訳がある。鳥が狙っているのだ。今日はこれくらいにして後は明日、で翌日いってみると見事に一つもない!赤もピンクも緑色した実さえない!見事なのだ。まさに神業、鳥業。
さて鳥の上前をはねて収穫したいっぱいの宝石のようなさくらんぼ、なんとしよう。とりあえず砂糖をまぶしておいて、ジャムかコンポートか、料理法はゆっくり考えることとした。
b0112186_028368.jpg

[PR]
by azuminoyh | 2008-05-27 00:30 | 安曇野パストラルYH関連

ルバーブジャム作り

庭のルバーブをジャムにしました。昨晩きれいに洗って2cmくらいに切り、砂糖、白ワインを振りかけておいたのを、今朝から煮込みました。
b0112186_15304785.jpg
甘酸っぱいにおいに満たされながら、ゆっくりかきまぜてゆきます。するとふしぎふしぎ、カチカチの棒のようだったルバーブがとろけて、どろどろになっていきます。レモン汁とシナモンを入れて出来上がり。明日の朝食にデビューします。
b0112186_1534862.jpg

[PR]
by azuminoyh | 2008-05-22 15:35 | 安曇野パストラルYH関連

春の恵み

YHの玄関脇に今年も”コゴミ”がニョキッと芽を出しました。頭をくるくると丸めてとてもかわいらしい。”コゴミ”はさっと湯がいてマヨネーズや胡麻和えにすると、とてもおいしい。春の味です。
b0112186_0362695.jpg

放っておくと大きなシダになるので急いでとります。5分ほどでかごいっぱい取れました。今日のお客さんに食べていただきます。
b0112186_0373522.jpg

他にも庭でミツバ、ツクシ、ヨモギなどが採れます。何もしなくても食べ物が生えてくるなんて本当に幸せ。わたしは食いしん坊だからか、野山を歩いていても食べられるものを探してしまうのです。幼い時土手でツクシをとって母に上げたら、大喜びされたからかな~などと考えながら、ついニコニコしながら草摘みをしている私です。   (ふ)
[PR]
by azuminoyh | 2008-04-20 00:42 | 安曇野パストラルYH関連

恒例の上高地ツアー

誰もいない上高地 早春篇です。
朝から高曇りで、YH出発時には白馬方面が見えていました。予報は夕方から雨、果たして・・・・・・・
釜トンネル内の急坂はいつもながらきつい。歩き初めでウォーミングアップができていないし。最後尾を歩きながらとりとめのない事を考えた。新旧のトンネルを、すでに40往復以上歩いた僕は、ギネスに登録できそうだなぁ、とか。
b0112186_10382218.jpg
釜トンネルは全長1300m、勾配は11%。写真は上高地側の出口から。
b0112186_10422047.jpg
焼岳が姿を現す。
b0112186_10432111.jpg
車道上には雪がありません。
b0112186_1044810.jpg
大正池と穂高連峰
b0112186_10451869.jpg
冬季用トイレもこことバスターミナル、河童橋近くにあります。
b0112186_10465189.jpg
帝国ホテルを過ぎるともうすぐ河童橋です。
b0112186_10475479.jpg
おなじみの風景、河童橋上からの穂高連峰。青空バックでないのが残念。
b0112186_10493624.jpg
橋の上で昼食タイム。オープンしている時期ではできっこない”誰もいない上高地”ならではの風景です。風もなく寒さは感じませんでした。
b0112186_10524489.jpg

b0112186_10541226.jpg
b0112186_1055153.jpg

b0112186_1055343.jpg
帰途大正池に着く頃には雲が降りてきて山が見えなくなりましたが、幽玄な風景を見ることができました。細かい雨もふって来ましたが寒くなかった。
b0112186_10574185.jpg
焼岳は最後まで見えていました。
b0112186_1101882.jpg
どんどん下って釜トンネルの出口
b0112186_1124753.jpg
中の湯売店の対岸にある”卜伝の湯”洞窟の中にある秘湯です。
b0112186_115067.jpg
旧トンネルの屋根から下がる巨大氷柱。
b0112186_118714.jpg
b0112186_1183274.jpg
いつも入る中の湯のお風呂。湯船に浸かりながら穂高連峰が遠望できるのですが今日は駄目。透明無臭のとってもいいお湯です。
【閉鎖中に上高地に入りたい人は、沢渡に車を置き、タクシーで釜トンネル入口まで行くのが一般的です。】
[PR]
by azuminoyh | 2008-04-14 11:19 | 安曇野パストラルYH関連

安曇野パストラルYHのHPです

http://park2.wakwak.com/~pastoralyh/
[PR]
by azuminoYH | 2007-07-05 22:12 | 安曇野パストラルYH関連