台湾 最終日

今日は帰国日、新幹線の駅までアンチーが送ってくれる。車の中で御礼の言葉をあれこれ考える。アンチーは日本語を話さないが英語は上手、僕は日本語は堪能だが、英語が話せないので大変困る。駅で愈々お別れのとき、口上の途中から涙があふれてきて続けられなくなってしまった。仕事を4日も放り出し、(電話さえあれば仕事ができるので出かけても大丈夫とは言っていたけれど)案内してくれた彼らは、食事代はおろかホテル代まで払ってくれた。十年来の付き合いではあるけれど、仕事を通してのものなので、こんなにしてくれるとは思わなかった。今までのいろいろな思いがこみ上げてきて、激してしまった。
b0112186_22495890.jpg
「安藤さんと一緒にいると私の日本語がどんどん上手になる」と言うキティは来年も来いといってくれた。利発なキティと気のいいアンチー、楽しい時間をくれてありがとう。
b0112186_23193666.jpg
日本の新幹線をモデルにしたということだが、シートは2列ずつ。
b0112186_23224543.jpg
b0112186_235015100.jpg
b0112186_23261935.jpg
桃園站でバスに乗り換える。高鐵の駅はどこも街から離れて造られているので、駅前は何もない。これから段々発展してゆくのだろう。
b0112186_23331661.jpg
b0112186_23334119.jpg
桃園国際空港も建て替えられてモダンになった。台北市内の地下鉄や高層ビルなど、台湾の国力の発展ぶりはめざましいものがある。
b0112186_23515881.jpg
b0112186_23524841.jpg
b0112186_2353985.jpg
b0112186_23532733.jpg
b0112186_23534753.jpg
セントレアはクリスマスシーズンとあって、イルミネーションが美しい。
[PR]
by azuminoyh | 2008-06-04 23:56 | 旅行記
<< 安曇野の里 台湾四日目 >>