台湾二日目

今日は鉄道で台湾の東側を回る。特急列車の自強号に乗車、すわり心地もまずまず、車内はすいている。
b0112186_2224742.jpg
b0112186_22244235.jpg
台北の駅はすごく大きく立派、2つ目の写真は構内で撮った。台東への列車は地下のホームから出発する。台東まで海岸を走ったり、盆地のようなところを走ったりするが、総じて車窓風景は平凡。5時間も乗っていると眠くなる。北回帰線の標塔が地図に示してあったのだが、見落としたらしい。段々南国の風情が感じられる風景となってゆく。
b0112186_22511813.jpg
ようやく下車駅知本に着く。空の色が台北とは違って明るい青、駅前には店ははおろか民家もなし。タクシーで知本温泉に向かう。
b0112186_22553053.jpg
ホテルの手前、やしの木に囲まれているのがプールと大浴場。
b0112186_22562168.jpg
b0112186_22565393.jpg
ひなびたと言うか、寂れたと言うか、とっても静かな温泉地。台湾東部最大の温泉郷とガイドブックには書いてあるのだが・・・・。
b0112186_23104646.jpg
宅急便が海を渡ってはるばるここまで来ていた、な訳ないか。
b0112186_23141426.jpg
b0112186_2316691.jpg
うろうろしているうちに灯がともる時間になった。すると俄然温泉地らしい風情が感じられるようになってくる。浴客もそこそこいる。
b0112186_23154186.jpg
b0112186_23151930.jpg
温泉卵をここで作り売っている。かなり高温の温泉のようだ。
b0112186_23162930.jpg
泊まったホテルは各室に温泉が引かれ、洋式の浴槽で入浴ができるようになっているが、大浴場はない。その代わりホテルのすぐ横、屋外に大浴場がある。泳いでいる人は見なかったけれどプールもある。水着と帽子をかぶって入浴する決まりになっている。水着はレンタルもあるが、近くの店で売っているものの方が安かった。やしの木に囲まれた巨大な湯船は、南国の温泉らしい風情たっぷりだが、水着を着ているので入浴気分はいまいち。でも湯量豊富で勿論かけ流し、高温なので薄めているのだろうが、無色無味無臭よく温まるいいお湯だった。何より台湾で温泉に浸かれていい思い出になった。
b0112186_0235476.jpg
手前がプール、奥の湯気が上がっているところが温泉。
[PR]
by azuminoyh | 2008-05-31 00:32 | 旅行記
<< 松本湧水めぐり バラが見ごろ  >>