楢の若葉

b0112186_16183132.jpg
b0112186_1695992.jpg
b0112186_16104584.jpg

楢の若葉

あれは
なんという木だろう
いまうまれたばかりのようなうすみどり
梢梢に揺れながら若葉は花のようだ
花のように美しい
「楢の若葉だよ」
友はこたえながら
「きみは何も知らないね」と笑った
ほんとうに私は何も知らない
木の名も
草の名も
それは私が町で育ったためだろう
そして草や木の美しさを知らなかったためだろう
私は知りたい
眼に沁みる 楢の若葉よ
世界はいつからこう美しかったろう
そうしてそれは何故だろう
    大木 實 「遠雷」所収

b0112186_16174294.jpg
b0112186_1618375.jpg

[PR]
by azuminoyh | 2008-05-22 16:23 | 季節の詩
<< 二度目の台湾 畑仕事 >>