恒例の上高地ツアー

誰もいない上高地 早春篇です。
朝から高曇りで、YH出発時には白馬方面が見えていました。予報は夕方から雨、果たして・・・・・・・
釜トンネル内の急坂はいつもながらきつい。歩き初めでウォーミングアップができていないし。最後尾を歩きながらとりとめのない事を考えた。新旧のトンネルを、すでに40往復以上歩いた僕は、ギネスに登録できそうだなぁ、とか。
b0112186_10382218.jpg
釜トンネルは全長1300m、勾配は11%。写真は上高地側の出口から。
b0112186_10422047.jpg
焼岳が姿を現す。
b0112186_10432111.jpg
車道上には雪がありません。
b0112186_1044810.jpg
大正池と穂高連峰
b0112186_10451869.jpg
冬季用トイレもこことバスターミナル、河童橋近くにあります。
b0112186_10465189.jpg
帝国ホテルを過ぎるともうすぐ河童橋です。
b0112186_10475479.jpg
おなじみの風景、河童橋上からの穂高連峰。青空バックでないのが残念。
b0112186_10493624.jpg
橋の上で昼食タイム。オープンしている時期ではできっこない”誰もいない上高地”ならではの風景です。風もなく寒さは感じませんでした。
b0112186_10524489.jpg

b0112186_10541226.jpg
b0112186_1055153.jpg

b0112186_1055343.jpg
帰途大正池に着く頃には雲が降りてきて山が見えなくなりましたが、幽玄な風景を見ることができました。細かい雨もふって来ましたが寒くなかった。
b0112186_10574185.jpg
焼岳は最後まで見えていました。
b0112186_1101882.jpg
どんどん下って釜トンネルの出口
b0112186_1124753.jpg
中の湯売店の対岸にある”卜伝の湯”洞窟の中にある秘湯です。
b0112186_115067.jpg
旧トンネルの屋根から下がる巨大氷柱。
b0112186_118714.jpg
b0112186_1183274.jpg
いつも入る中の湯のお風呂。湯船に浸かりながら穂高連峰が遠望できるのですが今日は駄目。透明無臭のとってもいいお湯です。
【閉鎖中に上高地に入りたい人は、沢渡に車を置き、タクシーで釜トンネル入口まで行くのが一般的です。】
[PR]
by azuminoyh | 2008-04-14 11:19 | 安曇野パストラルYH関連
<< 花便り 光城山と犬 >>