ヴィヴァ!アドリア海 ①

ドヴロヴニクに行ってからアドリア海沿岸地域の風光が大好きになり出かけるチャンスを探していた。今回はスロベニアに行ったのでちょうどいい機会と思い海辺の町に出かけた。スロベニアは自然豊かな山国なのでそちらを深訪するのが本筋なのだろうけれど。
b0112186_15131384.jpg

地中海松の並木道を走りピランに行く。
b0112186_1514321.jpg

ほそい半島の先端にぎっしりと家が建っているピラン。町はずれのバスターミナルから中心にある広場に向かう。
b0112186_15201171.jpg

タルティーニエフ広場、市庁舎、教会、カフェなどが広場を取り囲んでいる。
b0112186_1523325.jpg

ここで生まれた作曲家にしてバイオリンの名手 タルティーニの像。生家は広場のすぐわきにある。
b0112186_1525833.jpg

b0112186_15253134.jpg

聖フランシス教会
b0112186_15263739.jpg
b0112186_1527711.jpg

オスマントルコの侵攻から町を守った城壁、半島の付け根の高みにあるので街の全貌が見渡せる。
じりじり照り付ける陽の光が強く暑い。
b0112186_15345587.jpg

b0112186_1535347.jpg
b0112186_15355024.jpg

坂を下って聖ユーリ教会へ。城壁が高く見えている。
b0112186_153754100.jpg
b0112186_15382040.jpg

岬の先端は海水浴場になっている。小さな灯台もあった。
b0112186_1541081.jpg
b0112186_15412131.jpg

海沿いを歩いて広場に戻る。こちらも海水浴場になっているのだが、砂浜はおろか石の浜もなく消波ブロックがあるだけ。泳ぐ人はわずかでもっぱら甲羅干しの人ばかり。
b0112186_15483663.jpg

b0112186_15485989.jpg

半島を1周して広場に戻ってきた。市庁舎の壁には翼をもったライオンのレリーフが。これはベネチアの象徴。
そうこの街はベネチア共和国に500年余りにわたって支配されたところなのだ。
[PR]
by azuminoYH | 2016-07-30 15:56 | 旅行記
<< ビヴァ アドリア海 ② ベローナの野外オペラを観にいった >>