諏訪湖を一周してきた

前から気になっていた諏訪湖一周歩きに出かけてみた。暖かくなってきたし曇りなので歩いて汗をかくことも少なかろうということで。房江が不在なので一人で歩いた。
b0112186_2213539.jpg


諏訪湖は丸い形をしていると思っていたが、長方形に近い形をしていたのを初めて認識した。左側の中ほどにある漕艇庫から反時計回りに歩いた。
釜口水門を目指して歩く。水門まで4㌔。
b0112186_20433530.jpg
舗装の表面がラバーでおおわれているので、土の道を歩いているようなソフトな感触がある。
b0112186_20463397.jpg
東北方向にある上諏訪のホテル群。
b0112186_2048354.jpg
諏訪湖ハイツにある足湯
b0112186_20512989.jpg
釜口水門そばの岡谷湖畔公園。
b0112186_20525576.jpg
水門から眺めた天竜川。天竜はここから始まる。
b0112186_20553253.jpg
”琵琶湖周航の歌”の作詞者小口太郎の像と歌碑。小口は岡谷市の生まれでこの歌は故郷に想いをはせて作られたということだ。
b0112186_2122817.jpg

中央に見えているのが水門。ここまで4㌔。
b0112186_2135932.jpg
この案内表示が随所にありどれくらい歩いたのかがよく分かるのでありがたい。
b0112186_2154151.jpg
b0112186_2161572.jpg

上に見えるのが高速道路の諏訪湖サービスエリア。
b0112186_2175764.jpg

右の大きな屋根が諏訪ガラスの里。ここまでくると半分歩いたことになる。
b0112186_2185669.jpg

出発したあたりを見る。
b0112186_2195526.jpg

湖上に浮かぶワカサギ釣りの船
b0112186_21114790.jpg

原田泰治美術館
b0112186_2113966.jpg
遊覧船”白鳥号”と”いるか号”
b0112186_2113581.jpg

b0112186_21155460.jpg
千人風呂で有名な”片倉館”
b0112186_21162669.jpg
足湯にはけっこうたくさんの人が浸かっていた。
b0112186_21172995.jpg
間欠泉。かっては50mほどの高さまで吹き上げていたけれど、今では圧搾空気を送って1時間半に一度吹き出させているという。高さは5mくらい。他の時間は湯気が出ているだけ。
b0112186_2122238.jpg
北沢美術館。ガレのガラス作品と日本画の名品を展示する美術館。ここまで来ればあと4㌔。
b0112186_21241712.jpg
釜口水門方向ははるかかなた。
b0112186_21251467.jpg
富士山が見えると書いてある。
b0112186_21255053.jpg
ハーモ美術館 アンリ・ルソーやグランマ・モーゼスなど素朴派の絵画を展示している。
b0112186_21335240.jpg
ビストロ・サマッシュ ランチ1700円。デザートが豪華でおいしい。
b0112186_2136211.jpg

4時間で出発地に戻った。曇天だったが時折薄日も射した。汗もかいたがだんだん風も出てきてセーターを着ると暑いけれど脱ぐとちょっと寒いというややこしいことになってきたこともあった。杖も使わず(忘れた)歩きとおせたことに大満足。何せアップダウンがないからとても楽。目的地が見通せるのはいい面も悪い面もあるけれど。トイレも各所にあるので安心。車が走る道がすぐ横にあるのでちょっとうるさく感じることもあったかな。

今日の歩きで今年になってから300㌔歩いた計算になった。
b0112186_2146449.jpg

最後に岡谷温泉”ロマネット”にはいって汗を流す。薄茶色の温泉でとっても心地よかった。
[PR]
by azuminoYH | 2016-03-27 22:04 | 旅行記
<< ベローナの野外オペラを観にいった 小豆島八十八か所遍路 ⑤ >>