イギリスはおいしい -- イングランド④

私達はけちけち旅行なので、豪華なレストランや名物料理には全く縁がない。オペラと絵画、この二つがご馳走なので今回の旅行は大満腹だった。とはいえ時間が来れば腹は減る。チープで口にあったものを紹介する。
b0112186_21513319.jpg

イギリスで美味しい食事をしたいという人は朝食を3回食べればよい、といったのは文豪サマセット・モームらしいが、確かにイングリッシュ・ブレックファーストはボリュームがあり美味しい。目玉焼きの下には揚げたパンがしいてある。ベーコンはかなり塩気がきつい。ソーセージは少しレバーが入っているかもしれない。これは朝食付のホテルの食事で、別にフルーツを自由に取って食べられるようになっている。三角に切ったパンをカリカリに焼いて出してくれる。どこでもこのスタイル。不思議なのはチーズとヨーグルトがないこと。スーパーに行くといっぱい売っているのにこちらの人はいつ食べるのだろう。なおこのメニューを街で食べると£7か8位(千円ちょっと)。
b0112186_22141134.jpg

クリームティと聞くと、ウインナコーヒーの紅茶版のように思いがちだけれど、そうではない。紅茶とスコーンのセットを云う。スコーンに添えられているクロテッドクリームをたっぷり塗り、さらにジャムを塗る。これは軽いランチ代わりになる。少し甘くてさくさくしたスコーンに、薄い塩味でこってりしたクロテッドクリームが合わさり、さらに甘いジャムが絡み合う。思い出すだけでつばが出てくる。ではクロテッドクリームとは何ぞや?見た目バターのようだが柔らかく塩気も少ない。£6位だった。
b0112186_2353258.jpg

ジャケットポテト。1個で4~500g位ある皮付き巨大ポテトをオーブンで焼いたもの。右はチーズが、左はケチャップ味の甘く煮た豆がどっさりのっかっていた。豆好きの妻でも食べるのに苦労していたが、チーズがかかった方は美味しかった。ボリュームがあり腹いっぱいになる。£6くらい。
b0112186_23215182.jpg
スーパーでポテトを見つけたので測ってみた。こんな巨大なのは日本では見たことない。
b0112186_23234850.jpg
b0112186_2324327.jpg
ご存知フィッシュアンドチップスとえびのすり身のフライ。パン粉ではなくてんぷらのような衣をつけて揚げてあった。揚げたての熱々にビネガーをたっぷりかけて食べると脂っこさがなくなる。これはパブメニュー。パブはカウンターで注文、支払いを済ませるので簡単、チップも不要。料理はテーブル番号を伝えておけば持ってきてくれる。どこにでもあるし値段も高くない。
b0112186_2349113.jpg
こんなきれいなオネーサンや
b0112186_23515441.jpg
イケメンのアンチャンがサーブしてくれる。
b0112186_23533948.jpg
エールは泡立ちが少なく、パイントグラスになみなみと注いでくれる。キンキンに冷やすこともないのでなまぬるく感じられるが、この種のビールはあまり冷たくすると味がなくなるので冷やさない。440mlのパイントグラスで500円位が相場のようだ。
b0112186_0214689.jpg
昼下がりのパブでくつろぐ人たち。
[PR]
by azuminoyh | 2010-06-26 00:28 | 旅行記
<< ねむの木 ロンドンよいとこ一度は行こう!... >>