ロンドンよいとこ一度は行こう! -- イングランド③

b0112186_0125582.jpg

ロンドンの地図を眺めてまず感心したのは緑地が多いこと。ど真ん中に広大な公園がある。時差ぼけで早く目覚めるので、公園の散歩は時間つぶしにもってこいだった。
b0112186_0191218.jpg

ダイアナ妃のメモリアルファウンテン、ハイドパーク内にある。
b0112186_0212513.jpg

犬と一緒に散歩する人、ジョギングする人、通勤に(わざわざ?)公園を通る人、いろんな人が通るけれど、とにかく広いのでちらちら人が通る程度でしかない。
b0112186_0481827.jpg

b0112186_0281897.jpg

昼間になると芝生に寝そべったり座り込んだりする人が大勢いる。それも木陰ではなく、日あたりのよいところを選んで座る。紫外線は有害という観念はない。この写真に映っている椅子は有料らしく、座っていると管理人が来てお金を請求するらしい。
b0112186_035746.jpg

バラの季節には少し早かった。残念。
b0112186_0363097.jpg

b0112186_0382723.jpg

本当にリスがいる。感動!
b0112186_0391230.jpg

地下鉄駅から住宅地を10分余り歩いた後自然林の森に入り、30分近く歩いてケンウッド・ハウスという美術館へ行った。この公園の周囲は高級住宅地らしい。
b0112186_0492078.jpg

b0112186_0555249.jpg
2階バスの最前列に乗れば遊覧バスに乗ったようなものだ。ただし渋滞がひどく中心部になると動かなくなるので急いでいる時に乗ってはいけない。
b0112186_057751.jpg
こんな素朴な車も走っていて渋滞に拍車をかけている。
b0112186_0594455.jpg
丸っこい形からチューブと呼ばれる地下鉄も縦横に走っているが、地中深くもぐり乗換も時間がかかるのは東京と同じ。
b0112186_17065.jpg
街のへそトラファルガー広場はいつも人がいっぱい。
b0112186_23525898.jpg

b0112186_23532885.jpg
大英博物館ほか7つの博物館、美術館に行ったけれど、入館料を払ったのは一箇所だけ、すごいところばかりなのに、イギリスは太っ腹なのだ。
b0112186_23583120.jpg
b0112186_23591873.jpg
コベントガーデンは大道芸人が入れ替わり立ち代りショーをやっている。観客を引っ張り込むのが決まりとなっているのかな?
b0112186_042043.jpg
b0112186_044715.jpg
b0112186_023567.jpg
この人のアクロバットは凄かった。鈴なりの見物客から大喝采を受けていた。
b0112186_026617.jpg
美人婦警さんもいるし
b0112186_0303237.jpg
ビールもうまい。絶対また行くぞ!
[PR]
by azuminoyh | 2010-06-23 01:10 | 旅行記
<< イギリスはおいしい -- イン... Heart of Englan... >>