ポルトガル④

リスボンから電車で30分、世界遺産に登録されている”シントラ”に行った。詩人バイロンが『エデンの園』と賞賛したという所。
b0112186_2037397.jpg
駅から見上げる王宮、夏の離宮として建てられた。
b0112186_20452473.jpg

アズレージョで飾られた部屋があるのがポルトガルらしいところ。
b0112186_20472382.jpg
バスに乗ってさらに奥へ。標高529mの山頂に立つペーナ宮殿に行く。なんだかごてごて寄せ集めたような奇妙な建物。
b0112186_20515126.jpg
外壁の色もはげかかっている。きれいに塗り直せよといいたいところだが、どぎつい感じになりそうなのでこのままの方がいいか?
b0112186_2055436.jpg
b0112186_20553316.jpg
b0112186_205649.jpg

7~8世紀にムーア人によって作られた城壁を見下ろす。山頂なので見晴らしがとても良い。海もリスボンの街も良く見える。
b0112186_20595495.jpg
b0112186_2101247.jpg
宮殿の周りを散歩道が巡っている。リスボンっ子の手軽な休日の行楽地なのだろう。
b0112186_2145355.jpg
少し離れて見上げるとなかなか立派に見えた。
駅に戻り、別の路線の駅があるカスカイス行きのバスに乗る。ところが南に行くはずなのに西に向かっているので不安になる。運転手から切符を買っているので間違いはないはずなのに。とにかくバスはどんどん西に進む。曲がりくねった道を凄い勢いで飛ばす。やがて海が近づいてきてやっと気がついた。このバスはロカ岬を経由するバスだった。
b0112186_21205833.jpg
ロカ岬の建物が見えてきた。まもなく日が沈む。降りたかったけれど後が心配なので下車できない。バス停で乗り降りが終わるとまた猛然と走り出す。
b0112186_21251659.jpg
きれいな空の色だった。カスカイスに着いて降り立ったら足ががくがくしてしばらく歩けなかった。一番前の席で足を踏ん張っていたので。
b0112186_21323995.jpg
せっかくなので海辺まで行く。
[PR]
by azuminoyh | 2010-04-04 21:36 | 旅行記
<< 春の雪 ポルトガル③ >>