ポルトガル②

ポルトガル北部に位置するポルトは人口30万人を擁する国内第二の都市、そしてポルトガル発祥の地である。ドウロ川畔に広がる旧市街は世界遺産に登録されている。
b0112186_21343538.jpg

ケーブルカーで河畔へ下る。目前の橋は上は電車と車、下は車が通る。どちらも歩道がついていて歩いても渡れる。
b0112186_21401474.jpg
b0112186_21402826.jpg

河端はレストランと土産物屋が軒を連ねる。
b0112186_21434553.jpg
b0112186_21435772.jpg
b0112186_21441140.jpg

b0112186_21561322.jpg

旧市街中心地を小さなトラムが走っている。1両編成でお客もあまり乗っていないけれど、急坂でも思いのほか早くぐいぐい登ってゆく。古ぼけた小っこいトラムが走ってゆく光景は絵になる。400円程の24時間乗り放題のチケットを買えば、ケーブルカーを含む市内交通はすべてフリーなのでとっても便利。
b0112186_229150.jpg

奥のとんがり屋根の建物は市庁舎。
b0112186_22114897.jpg
b0112186_2212997.jpg

b0112186_2216593.jpg
ボルサ宮と故国を大航海時代に導いたエンリケ航海王子の像。頭の上にかもめが羽を休めている。
b0112186_23252871.jpg

b0112186_21564378.jpg

橋を渡って対岸へ移動する。地下鉄なのだがすぐ地上に出、こんな高いところを通る。つまりそんな傾斜地に市街が広がっているのだ。お目当てはワイナリー見学。
b0112186_2334266.jpg
b0112186_23342579.jpg

ポートワインは発酵途中でブランデーを添加して発酵を止める酒精強化ワインで、アルコール度数19度位、甘く濃厚な味わいがある。インフォメーションで無料で見学できるところを教えてもらい”テイラーズ”という醸造所へ行く。試飲という事でグラスワインが白と赤供され、飲みながら待つことになる。赤は10年物のヴィンテージということで美味しかった。時間が来ると案内人に連れられて見学するのだがただ樽が並んでいるところを見るだけ。案内人は一生懸命説明しているけれど英語なので全くわからない。
b0112186_2358416.jpg
b0112186_23582785.jpg

見学を終わって外へでると夕闇が迫っていた。川面に映る、明かりの入った町の眺めはその町が見せる最高に美しい瞬間だ
b0112186_0915.jpg
帰りは橋を歩いて渡る。さっきまでいたワイナリー地区の夜景も美しい。
b0112186_0103215.jpg
ホテル前にあるアズレージョで飾られた教会もライトアップされていた。
b0112186_0143824.jpg
窓の下を走るトラムの音で目が覚める。
b0112186_0175424.jpg
今日はポルトガル晴れ!のいい天気。カテドラルを見上げる。
b0112186_0241893.jpg
b0112186_025032.jpg

気温が20度くらいまで上がり坂道を歩いていると汗ばむ程の陽気、川沿いのカフェテラスは賑わっている。昼食代わりのコロッケと黒ビール。このビールは美味しかった。日本に輸入されていないのは誠に残念。
b0112186_030287.jpg
二度と来ることがないポルトの名残を惜しみつつビールを賞味する。[
b0112186_0443620.jpg
b0112186_033322.jpg
右端の建物がサン・ベント駅。構内は立派なアズレージョで飾られている。
b0112186_0345573.jpg
b0112186_0353294.jpg
b0112186_038718.jpg
次はリスボン。
[PR]
by azuminoyh | 2010-03-28 22:26 | 旅行記
<< ポルトガル③ ポルトガル ① >>