善光寺と丹霞郷

b0112186_22563277.jpg
善光寺に行く前に丹霞郷に寄った。家から一時間、信州中野ICより20分位、なだらかな起伏の山中に桃畑が拡がる美しいところだった。北信の山々が見渡せる大観望地らしいのだが、今日はあいにく雲の中。それでも桃は全開で濃いピンクがなんとも美しい。結構たくさんの人が見に来ていた。畠の中に自由に立ち入っていたけれど良かったのだろうか?森のあんず地区ほど広くはないし、あんなに人が来るわけでもないので、今のところは構わないのかもしれないが・・・・・。
b0112186_22554254.jpg

ここからどんどん山を下り、程なく市街地に入る。信号が多いのでそんなに飛ばせないけれど、善光寺までは30分もかからない。善光寺のすぐ北の駐車場に車を置く。(2時間まで500円)
b0112186_2341417.jpg

7年に一度の御開帳が行われているため、たくさんの人がお参りしている。善光寺の御本尊は、創建まもない654年以来の絶対秘仏でお坊さんさえ目にしたことがないらしい。御開帳は、その御本尊を模して作られた「前立本尊」をこのときだけ本堂にお迎えし、姿を拝むことができるという。(果たしてどうやって造ったのだろう?とふと疑問を感じる私です)
b0112186_23135443.jpg

本堂の前には高さ10mの回向柱が立てられている。この柱から白い綱が延び金糸に結ばれさらに前立本尊に結ばれているそうです。回向柱に触れるのは前立本尊に直接触れるのと同じ。触れるとありがたい結縁(けちえん)が生まれ、功徳を得ることができるといわれています。たっぷり触ってきました。
b0112186_23201193.jpg
b0112186_23221850.jpg

ご開帳は5月末まで、善男善女はもとよりそうでない人はぜひおまいりしましょう。
[PR]
by azuminoyh | 2009-04-23 23:28 | 信州あちこち
<< 常念岳に雪形出現 風景 >>